Event is FINISHED

ポートランド“シティ・リペア”とわたしたちの町のこれからを語ろう

SodaCCo夜の船旅 第2夜  Mark Lakeman × Matthew Bibeau × ソーヤー海 
Description
SodaCCo 夜の船旅 meets ポートランドシティ・リペア・プロジェクト緊急開催!!!
いま、世界中から注目を集めるアメリカの町 オレゴン州ポートランド。


注目される理由は様々ですが、そのひとつに、住民主体のさまざまなコミュニティ・ムーブメントが盛んであることが挙げられます。住民ひとりひとりが市民として、暮らしをよりよく、そして何よりも「楽しく」するために、自分たちの手足で、アタマで、積極的に参加するプロジェクトが数多く存在します。

その中でも特に有名な「シティ・リペア・プロジェクト」。ポートランドの紹介記事に度々登場する、カラフルなペインティングがなされた交差点の写真を見たことがある方も多いのではないでしょうか。町につながりを生み出し、交差点には実際にリアルな交流の場をつくり出してしまうユニークな活動シティ・リペア、その創設者で建築家でもある Mark Lakemanさんと、その仲間であり、こどものためのパーマカルチャー教育の学校のCEOも務める Matthew Bibeauさんがこの度、初めて来日します。


SodaCCo夜の船旅 第2夜にして海外からの旅人到来!

お二人の日本での数日間のプログラムのラストにSodaCCoにてシティ・リペアをはじめとする活動のお話を、そしてこの東京で「アーバンパーマカルチャー」を提唱し、共生革命家として日々エネルギッシュに活動するソーヤー海さんをお招きして、いま、ここ、日本で、わたしたちはどんなコトを起こしていこうか?という対話を生み出していきます。

参加者のみなさんももちろん、その対話の参加者。マークさん、マットさん、海さん、3人のお話を聴いたら、きっと黙ってはいられなくなります。未来の話ではない、いまの話。


ソーヤー海さんからのメッセージ!

「僕が大事にしているのは、楽しくエッジの効いた活動でみんなが大事にされる社会を育てていくこと。その大きなインスピレーションになっているのはマークとその周りにいる動く若者。彼らは、町中にゲリラガーデンを育てて、交差点をコミュニティーの集い場所に変身させ、違法行為から行政が推進する愛の革命を起こしている。そんなムーブメントを一緒に日本で根付かせよう!」

海外からのお二人に体験していただきたいニッポンの味!今回の夜の船弁は「お米農家やまざき」さんの枡重かぁちゃん弁当。この秋に収穫したての新米を使った美味しいおにぎり&和のおかずをほおばりながら、熱量あふれるエキサイティングなお話の輪にぜひご参加ください。みなさんのお越しをお待ちしています。

旅人

Mark Lakeman 氏(建築家、NPOシティ・リペア創設者)

Matthew Bibeau 氏(NPOシティ・リペア/Institute of Permaculture Education for Children

ソーヤー海 氏(共生革命家/東京アーバンパーマカルチャー)

<シティ・リペアとは>

物理的な環境で人と人とをつなげ、よりよいコミュニティを実現していく方法論「プレイス・メイキング」をベースに活動を行う、1996年にポートランドで発足したNPO。今回の旅人マーク・レイマンズさんが中心となってゲリラ的に交差点のペインティングを敢行したことからはじまり、周辺の犯罪率低下、交通事故の減少、さらに住民の自主的な清掃や管理、まちづくり活動へとつながったことから、市もその有効性を認め、今日までさらなる発展を続けている。

http://www.cityrepair.org/

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/2014/10/city-repair-portland-oregon.html

同時通訳

川本麻衣子 氏

案内人

佐藤有美(SodaCCo ディレクター)

▼日時

2015929日(火)

18:30 OPEN

19:0020:00

シティ・リペアやInstitute of Permaculture Education for Children等、

ポートランドでのお二人取り組みについてのレクチャー

20:0021:30

トーク&ディスカッション

▼場所

SodaCCo

東京都 渋谷区代官山町9-10

▼参加費

3000円 peatix事前決済限定

(諸事情によりpeatixが利用できない方はevent@sodacco.jpまでお申し込みください)

・“夜の船弁”&ワンドリンクつき

 開始時にお配りしますので、食べながらトークをお楽しみください。

 →今回の夜の船弁:「お米農家やまざき」の美味しい枡重かぁちゃん弁当

・当日参加は3500円(事前決済のみで満席となった場合はご参加いただけない可能性があります)

・日本語同時通訳付き

▼定員

先着約50名(定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます)

▼お申込方法

Peatixからお申込頂き、事前決済のご協力をお願いします。

URLhttp://sodacco.peatix.com

<ゲストプロフィール>

Mark Lakeman

建築家、NPOシティ・リペア創設者”The City Repair Project”のファウンダー。コミュニティー建築と計画事務所であるCommunitecture社を創業した代表者で、Planet Repair Instituteの共同創始者。

Dignity Village(アメリカ初、ホームレスによるホームレスのためのパーマネントコミュニティ)を創った功績に対して、公共性ある建築と計画国際組織委員会が主催するthe United States' National Lewis Mumford賞を受賞。

コミュニティデザインのファシリテーター。アーバンデザイン、場づくり、エコロジカル建築、パブリックアート、都市の場づくり創出者であり、パーマカルチャーデザイナー。

http://www.cityrepair.org

参考記事:ソトコト201411月号

Matthew Bibeau

ポートランド州立大学卒。「もっとも子供に近い自然は校庭である」という信条から、ポートランドの公立学校でのガーデン教育に携わっており、The City Repair Projectの主力メンバーでもある。City Repairの関与している3つのコミュニティ農園を管理。

パーマカルチャーデザインを通して教育環境を整えることを教員に教えるInstitute of Permaculture Education for Childrenの共同経営者。

http://www.permaculture.us.com

ソーヤー海 氏

東京生まれ、新潟、ハワイ、大阪、カリフォルニア育ち。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校で学生運動と有機農法に深く関わる。また「学生中心の教育」や「環境平和活動」を主に学生向けの授業やワークショップを主催、講師を務める。大学卒業後は、自分の考えを実践に移すため、水道水や電気のないコスタリカの森に移住。パーマカルチャーに没頭する一方、「マインドフルな生活(イマココの気づきをもった生活)」を送った。現在は東京で都会型パーマカルチャーと共感的なコミュニティ構築を教えている。若者向け瞑想会「Wake Up!(目覚め)」をオーガナイズし、「東京アーバンパーマカルチャー(TUP)」を主催する他、非暴力の文化と自然との共存をパッションを東京で広めている。東京大学新領域学科サステナビリティー学 単位取得後自主退学。夢は平和と愛を土台とした文化をみんなと育むこと。

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp


▼注意事項

・託児やキッズスペースのご用意はありません。

・駐車場のご用意はありません。公共交通機関等でお越しください。

・会場・会場周辺は基本禁煙となります。ご不便をお掛けしますが、ご理解いただけますようお願いいたします。

・止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

▼お問い合わせ

SodaCCo

event@sodacco.jp

http://sodacco.jp/

Event Timeline
Updates
  • 副題 は SodaCCo夜の船旅 第2夜  Mark Lakeman × Matthew Bibeau × ソーヤー海  に変更されました。 Diff 2015-09-04 01:58:28
More updates
Tue Sep 29, 2015
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
SodaCCo
Tickets
お弁当ワンドリンク付き ¥3,000
お弁当ワンドリンク付き(立ち見席) ¥3,000

On sale until Sep 28, 2015, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区代官山町9−10 Japan
Organizer
SodaCCo
133 Followers
Attendees
63 / 65